デジタルカメラの良さ

<投稿日時::2014-02-27 14:25:49

昔はフィルム式のカメラが主流でフィルムを購入して現像に出して初めてどのように撮れているか確認する事ができました。フィルムを買うのにも現像に出すのにもお金がかかるため撮影できる写真の枚数は限られていました。

しかし最近ではデジタルカメラが主流になり、シャッターを押して撮影した直後に画面上で撮った写真を見ることができます。昔のフィルム式のカメラのように写真屋さんに現像に出さなくても、プリンターを使用して印刷する事ができるのが便利です。撮影に失敗した写真は削除する事が可能だという点でも便利です。

さらにデジタルのデータとしてパソコンのハードディスクドライブやCD-Rなどに保存しておくことができるため、写真用紙に印刷しなくてもパソコンの画面で見るというやり方で楽しめるので何枚でも写真を撮る事ができます。デジタルカメラで撮影した写真は簡単にコピーできるので、デートで撮影した写真もCD-Rに保存してガールフレンドにプレゼントしたりする事もできて便利です。

広告

写真家

  • 名称:キャメラマン
  • 職業:会社員
  • 一言:全て自称です
ページ上部へ