一眼レフとミラーレス一眼

<投稿日時::2015-06-12 11:11:03

デジタル一眼カメラは「デジタル一眼レフ」と「ミラーレス一眼カメラ」の二つに分けられます。「ミラーレス」も「レフ」もファインダーについて書かれているんです。簡単に言うと、ファインダーを覗いて撮影する画像が見れるものが、「レフ」ファインダーが無く液晶に撮影画像を表示させるのが「ミラーレス」です。

一眼レフカメラは、撮影する像をファインダーで確認出来るようにする為に反射させる鏡を搭載しています。その鏡の反射の事をドイツ語で「シュピーゲル・レフレックス」と言うので、そこから「レフ」という言葉がとられているんですね。

また、ミラーレス一眼カメラはその機構が無い、鏡が無いので「ミラーレス」と言う訳です。

因みに、どちらにもつく「一眼」という言葉は、撮影するレンズとファインダーに表示させる為のレンズが同じレンズ、1枚を使っているので「一眼」となっています。逆に二眼カメラは撮影用のレンズとファインダー用のレンズが別なのでレンズが二つあるユーモラスな姿になっています。

広告

写真家

  • 名称:キャメラマン
  • 職業:会社員
  • 一言:全て自称です
ページ上部へ